Blog&column
ブログ・コラム

剪定する期間に決まりはある?の種類別で異なる剪定時期

query_builder 2020/12/09
コラム
shorn-hedge-shorn-bush-hedge-bush
剪定はどの期間に行った方が良いなどの決まりはあるのでしょうか。
詳しく解説していきます。

剪定を行う期間
剪定は好きなタイミングですることはできません。
基本的には夏と冬の2回行うことが理想とされています。
ですがその季節も、の種類によって違うことは頭に入れておきましょう。
時期が合わない状態で剪定してしまうと、樹が弱り枯れてしまうこともあります。

の種類に合った剪定時期とは?
の種類には、常緑針葉樹・常緑広葉樹・落葉広葉樹があります。
それぞれ見ていきましょう。

■常緑針葉樹
主なは松や杉、ユニファー類などになります。
剪定の時期としては、新芽が動く前の3?4月が良いでしょう。
形を整えるための軽剪定は冬を迎える前の夏や秋に行うことがおすすめです。

■常緑広葉樹
主なはキンモクセイや椿、サツキなどになります。
剪定の時期としては、春先の暖かい時期が好ましいです。
新芽の出る前、または新葉が出揃ったころを目安にしましょう。
寒さに弱いため、冬の剪定は避けるようにします。

■落葉広葉樹
主なはモミジやアオダモ、ハナミズキなどになります。
剪定の時期としては、葉が落ちた後や樹が休眠に入る冬の時期に行うと良いでしょう。
夏は樹が生長する時期のため、大きな剪定には向きません。

▼まとめ
剪定を行う期間としては夏と冬の2回が目安ですが、の種類により適した時期は異なります。
福岡エリアで剪定をご検討中の方は、植木屋いのうえまでお気軽にご相談下さい。

NEW

  • 飯塚市で防草シートと砂利敷き作業

    query_builder 2021/02/09
  • 法面の伐採と除草作業をさせて頂きました!

    query_builder 2021/02/08
  • 季節を感じるを作るにはどうすれば良い?

    query_builder 2021/02/22
  • 理想のを作り上げるためのポイントとは?

    query_builder 2021/02/15
  • 住宅のアプローチとは?おとアプローチのデザインもご紹介

    query_builder 2021/02/08

CATEGORY

ARCHIVE