Blog&column
ブログ・コラム

除草剤は雨が降っても効果はある?

query_builder 2021/04/08
コラム
close-up-rain-splash-water
除草剤を使うときに気になるのが、雨の日に使っても効果があるのかだと思います。
そこで今回は、除草剤を雨が降っても効果があるのか解説します。

▼除草剤は雨が降っても効果はある?
結論から言うと、雨の量によって効き目は変わってきます。
■液体タイプは除草剤が乾く前か後がポイント
液体タイプの場合、除草剤が乾く前なのか後なのかによって変わってきます。
乾いた後であれば、表記通りで効果は出てきます。
乾く前だと、雨で薬が流れてしますので効果はあまり期待できません。
また乾く時間は会社によって異なるので、説明書をしっかり読んで取り扱いましょう。
■粒タイプは大雨の日に要注意
少ない雨の場合は問題ないですが、大雨の場合は薬が流されてしまうので効果は期待できません。
できるだけ大雨の予報の時は、避けて除草剤を使わないようにしましょう。
■雨が降った後は問題なし
雨が降った後は、地面が濡れている状態となります。
塗れている状態でも除草剤をまいても問題はないです。なぜなら、濡れることによって浸透率が早いと言われているためです。
雨の上がった後に除草剤をまくのがおすすめです。

▼除草剤の種類
除草剤の種類は大きく分けて3種類あります。
■液体タイプ
雑草などが生い茂っている所にまく場合は、液体タイプを使うと効果的です。
除草したい雑草・植物のみに枯らすことができるので、新たな植物を植えたい方におすすめです。
■粒タイプ
粒タイプはまだ雑草が生い茂っていない土の表面にまくタイプのものになります。
■ハイブリットタイプ
生え始めの草の徐像の予防ができるタイプのものです。
99%食品成分でできているので、安全性が高く、虫よけ成分も入っています。

▼除草剤を雨が降る前に使うときの注意点
除草剤を雨が降る前に使うときの注意点は以下になります。
・大雨が降る場合は粒タイプは使わないようにする
・液体タイプは、雨が降る3時間前に除草剤をまいておく
・枯らせたくない植物の周りでは使わないようにする

雨の量によって除草剤の効果は変わってきます。
降った後であれば問題ないので、除草剤の取り扱いに気をつけながらのお手入れをしましょう。

NEW

  • 解体 リフォーム工事②

    query_builder 2021/03/16
  • 解体 リフォーム工事①

    query_builder 2021/03/10
  • 飯塚市で防草シートと砂利敷き作業

    query_builder 2021/02/09
  • 法面の伐採と除草作業をさせて頂きました!

    query_builder 2021/02/08
  • 剪定のハサミについて

    query_builder 2021/05/08

CATEGORY

ARCHIVE