Blog&column
ブログ・コラム

自分で剪定をする際のコツ

query_builder 2021/05/01
コラム
pruning-shears-4964455_1920
自宅のおにこだわりがある方は、自分で剪定をおこないたいという方が多いでしょう。
しかし、ただ切っていくだけの作業ではありません。やってみると意外と難しいものです。
そこで今回は、剪定のコツについて紹介していきます。

剪定の時期やタイミングは?
剪定の時期は「夏剪定」と「冬剪定」の2回剪定するのが理想的です。
それぞれの目的について見ていきましょう。

■夏剪定
気温が高くなり始める6月頃におこないます。
太陽の日差しを浴びて伸びてきた枝や葉を中心に剪定することで、通気性を良くし、日当たりの改善になります。
また、害虫の繁殖防止などの目的もあります。

■冬剪定
植物が休眠期になる11月~3月頃におこなう剪定が冬剪定です。
不要な葉や、枝を減らして形を綺麗に整えることが目的です。
こうして適切な時期に切る事も剪定をするうえでのコツとなります。

剪定のコツ

■どの枝を切るか見極める
植物には不要な枝と残すべき芽がある枝があります。
枯れた枝、病気になった枝など見極めながら整えていきましょう。
直径5㎝以上の太い枝を切ってしまうと、植物へのダメージが大きくなるので、なるべく細い枝を選んで剪定しましょう。
また、枝には内芽と外芽があり、内芽を残しておくと不自然に伸びてしまうので、残さず剪定するのがコツです。

■切り口はなるべく綺麗に
植物を切った際の切り口はなるべく最小限に綺麗に切りましょう。
最小限に切ることで、切り口は早くふさがります。
ノコギリなどの切れ味の悪いもので剪定すると切り口がデコボコしてしまい、回復が遅くなります。
切り口から菌が入り、病気になる原因にもなるので、道具は必ず剪定用のハサミを使用しましょう。

▼自分では出来ない場合
植物の剪定は美観を保つだけでなく、機能的な目的もある大事な作業です。
自分でおこなうのは難しいという方や、失敗したくないという方は遠慮なく業者に相談しましょう。
植木屋 いのうえでは、無料相談やお見積りを承っております。お気軽にご相談ください。

NEW

  • 解体 リフォーム工事②

    query_builder 2021/03/16
  • 解体 リフォーム工事①

    query_builder 2021/03/10
  • 飯塚市で防草シートと砂利敷き作業

    query_builder 2021/02/09
  • 法面の伐採と除草作業をさせて頂きました!

    query_builder 2021/02/08
  • 高齢者に優しい外構作りのポイントとは

    query_builder 2021/06/15

CATEGORY

ARCHIVE