Blog&column
ブログ・コラム

高齢者に優しい外構作りのポイントとは

query_builder 2021/06/15
コラム
people-elderly-grandma-grandmother
家族に高齢者がいらっしゃる場合、家への出入りに不自由を感じることが増えてきます。
そのタイミング外構のリフォームを考えるものです。
今回は高齢者に優しい外構作りのポイントをお話し致します。

▼高齢者にとって不便になりやすいところ
?階段
玄関に入る際、2,3段の段差があるお家が多いですよね。
その高さにもよりますが、足が十分に上がらなかったり杖生活の高齢者にとっては大きなリスクと考えられます。
対策としては、スロープや手すりの設定が好ましいです。
もちろん単純に手すりを設置するのではなく、対象の方に合わせた寸法で作成することがリスク管理ができます。
スロープは気が早いと思われるかもしれませんが、何度もリフォームする出費を考えるとけして早い決断ではないと思います。

?玄関ドア
ドアをひく時、体のバランスは確実に崩れます。高齢者ならなおさらです。
対策としてはスライド式のドアにしたり、車いすも通る大きさのドアに変更してはいかがでしょう。

?靴の着脱時
呼応礼者にとって靴を着脱することは、バランス的にも大変不安定になりやすい動作です。
また、腰に不安がある方にとっては非常にストレスの多い動作とも言えます。
対策としては、腰かけ用の椅子を設置することが有効です。
高さも靴を履いた状態で安定する椅子を準備することでさらにストレスなく着脱が可能となります。
また、椅子で一休憩することで動機を抑えるポイントにもなります。

基本的なポイントとしては以上になりますが、「カーポートから玄関まで屋根を作る」「動線を短く単純にする」といった工夫はたくさん考えられます。
その方にとって過ごしやすいことを考えると、改善点はでてくるものです。
もちろん、弊社でも相談対応できますのでお気軽に連絡ください。


NEW

  • 解体 リフォーム工事②

    query_builder 2021/03/16
  • 解体 リフォーム工事①

    query_builder 2021/03/10
  • 飯塚市で防草シートと砂利敷き作業

    query_builder 2021/02/09
  • 法面の伐採と除草作業をさせて頂きました!

    query_builder 2021/02/08
  • 屋根のメンテナンス時期とは

    query_builder 2021/08/01

CATEGORY

ARCHIVE