Blog&column
ブログ・コラム

外壁の種類にはどんなものがある?

query_builder 2021/09/01
コラム
apartment-architecture-building-home
家の外壁っていろんな種類がありますよね。
それぞれで全く違う種類があり、種類によって機能性やデザインも変わります。
ここでは、外壁の種類についてご紹介します。

▼外壁の種類

外壁には多くの種類がありますが、よく使われている外壁の種類は以下の通りです。

■窯業系サイディング

現在、外壁材で最も使われているのがこの種類です。
セメントに繊維質や混和材を混ぜて作られたもので、板状になっています。
メリットとしては、デザインが豊富で低コストで施工性が高いということ、耐火性、
遮音性、耐震性に優れているということです。
ただ、熱をため込みやすかったり、シーリングのメンテナンスが必要となる事、
防水機能がないため吸水性が高いというデメリットがあります。

■金属系サイディング

セメントを主成分としており、ハイセンスなデザインが人気です。
重量が軽く建物への負担が少なく、耐震性・断熱性・耐凍害性に優れており、コスパも良いという
メリットがあり、デメリットとしては、錆が発生しやすく、凹みや傷がつきやすく、酸性雨や塩害に
弱いというものがあります。

■ALCパネル

軽量気泡コンクリートと呼ばれ、重さはコンクリートの1/4程です。
耐久性・断熱性・耐火性・耐震性に優れており、環境にやさしく軽量であることをメリットとし、
防水性が低く、吸水性が高く、価格が高いというデメリットがあります。こちらもシーリングの
メンテナンスが必要となります。

■モルタル

セメントと砂を混ぜたものを壁に塗って仕上げる方法で、昔ながらの外壁です。
デザイン性が高く、つなぎ目のない外壁、耐震性・耐火性・耐久性に優れているというメリット
があり、反対にデメリットとしては施工期間やコストがかかり、ひび割れが起きやすく
防水性が低いというものがあります。


▼まとめ

ここでは、外壁の種類についてご紹介しました。
外壁を決める時は、それぞれのメリット・デメリットを見極めて決めることが大切です。

NEW

  • 解体 リフォーム工事②

    query_builder 2021/03/16
  • 解体 リフォーム工事①

    query_builder 2021/03/10
  • 飯塚市で防草シートと砂利敷き作業

    query_builder 2021/02/09
  • 法面の伐採と除草作業をさせて頂きました!

    query_builder 2021/02/08
  • をDIYでリフォームしたい。起こりがちなトラブルとは?

    query_builder 2021/11/15

CATEGORY

ARCHIVE